申立の時に必要となる費用はどのくらいですか?

 まず,裁判所に申し立てる時の手数料として,切手代や印紙代が総額で1万円弱必要となります。

 また,申立をした後,鑑定を行う場合には,5~10万円程度の鑑定費用を支払う必要があります。 補助の場合は,原則として鑑定を行いませんが,後見・保佐の場合は原則として鑑定を行います。

 申立をされる方が,申立の際の費用を負担することになりますが,ご本人のための申立で,ご本人の保護の必要性が高い場合は,裁判所に申立をすれば,ご本人に負担してもらうことができる場合もあります。

 他には,申立を弁護士等の専門家に依頼した場合には,弁護士費用等が必要となります(当事務所については,1件の申立につき,15万7500円(消費税込み)~です。)。

 申立が認められて,手続が開始した後は,後見人等として職務を行う方への報酬を,ご本人の財産から支出することになります(金額は,後見人等が行った職務の内容により,家庭裁判所が決定します。)。

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です