法定後見の中の3つのどれに当たるかは、どうやって決められるのですか?

 医師が判断能力の程度を診断することになります。

 ちなみに,判断能力が低下した方のうちでも,最も判断能力が低い類型が「後見」,その次が「保佐」,3つのうち一番判断能力が高いのが「補助」のケースです。

 裁判所に提出する診断書は,決められた形のものがありますので,その診断書に記入してもらいます。