本人の代わりに契約を行う人(後見の場合は後見人,保佐の場合は保佐人,補助の場合は補助人)は,誰がなっても良いのですか?

 基本的には,ご本人のご親族や知り合いでなくても,誰がなっても良いのですが,近い親族の意見を聞くことは必要になります。

 もしその意見の中で,反対があれば,その人は後見人等になれないことがあります。

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です