成年後見にはいくつか種類があると聞きましたが,どういったものがありま すか?

 まず成年後見制度は,大きく2つに分けることができます。
 1つは法定後見制度で,こちらは家庭裁判所に制度の利用を申し込むところから始まります。 
 裁判所に申し込むことができる方は,ご本人に加え,ご本人の配偶者,四親等内の親族等の方です。 法定後見制度の中には,ご本人の判断能力の程度に応じて,「後見」「保佐」「補助」と3つの手続があります。
 もう1つは任意後見制度で,こちらはまず,ご自分が後見人になってもらいたい方と契約を結ぶところから始まります(初めは裁判所は関わりません。)。
 ご本人の判断能力が低下した時に備えて,あらかじめ財産の管理や,契約を代わりにしてもらう人を決めて,その人に,任せたい内容を契約書にしておき,実際にご本人の判断能力が低下した時に,その任せる人に動いてもらうものです。

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です